ブレークスルートレーニング(Bトレ)

最新情報

ブレークスルーカンファレンス2014ダイジェスト ~ビジネスリーダーの人生に学ぶブレークスルー~

2014.10.22

2014年10月11日(土)、渋谷シダックスカルチャーホールで開催した「ブレークスルーカンファレンス2014」のダイジェストをお届けします。

当日、150名の方々に来場いただき満員御礼となった同カンファレンス。気鋭の経営リーダーたちのプレゼンから「ビジネスにおける突破力」のヒントを掴んでいただく、知的興奮に満ちた機会となりました。

 

■朝倉祐介 氏
JocKinsey,inc 代表取締役 元ミクシィ代表取締役社長

asakura

ミクシィが当時直面していた三つの経営課題や、朝倉氏自身が変革のために行ったアクションを中心に、同社再生のストーリーをプレゼンしていただきました。

日本のSNSの草分け的存在であるミクシィ。そんな誰もが知っているサービスのリアルな経営の側面を、まざまざと実感することができました。

 

■松波晴人 氏
大阪ガス行動観察研究所 常務取締役

matsunami

常識をリフレームし、より本質に近い解釈を行うことで、世の中にまったく新しいサービスを生み出す…。いわば、誰も気づいていないことを顕在化させるための技術が行動観察です。

この概念をどう大阪ガスに浸透させ、ビジネスとしていったのか? 周囲を巻き込みながら新規事業を作っていくための「Diamond in Your Pocket」が印象的でした。

 

■久保田崇 氏
陸前高田市 副市長
kubota_2

東日本大震災後に陸前高田市の副市長に就任した久保田さん。たくさんの不安に悩みつつも現地に飛び込む決心をした熱いストーリーに、参加者の多くの方々が勇気をもらいました。

「被災地に赴任をするようになってから、自分の人生のステージが変わった」と言う久保田さんに、リスクを取ってチャレンジする姿勢の大切さを学びました。

 

■高下泰幸氏
ドーム(アンダーアーマー)取締役マーケティング本部長

kouge

今起こしたいブレークスルーは「スポーツ革命」。すなわち、「内需拡大、人材育成、健康増進の3つを実現することで、日本を真の成熟国家にしたい」と熱いプレゼンを繰り広げていただきました。

常に本質を追求する姿勢と大きなビジョンから刺激を受けること、そして勇気を持つことがブレークスルーを起こすために必要であると実感させられました。

 

■巌真一宏氏
スターバックスコーヒージャパン
店舗開発本部コミュニティリーチラボ チーフディレクター

iwama

人と人が直接会うことによってしか生むことができないことがある。その信念を基に、被災地におけるコミュニティカフェづくりを皮切りとして、伊勢神宮や志賀高原など様々な地域でコミュニティをベースとした新しい出店に挑戦するストーリーを伺いました。いつだって現在の延長線上に未来はない。巌真さんの活動を知ることで多くの気付きを得たプレゼンでした。

 

■キュレーターを務めた谷中講師による総評

yanaka

いかにして人生にブレークスルーをもたらすか。おそらく、そこに決まった答えはないのだろうと思います。

ただ、イノベーティブなビジネスリーダーのみなさんのお話を聞いていると、共通していたのは「ワクワクすることに取り組む」こと。だからこそ、突破口を切り拓くようなパッションが伝わってくるのだと思います。

さまざまなヒントにインスピレーションを得ながら、自分なりのブレークスルーのアイデアを見つけて実践していく…。今後もブレークスルーカンファレンスがそのプラットフォームとなったら最高です。

 

all

 

<Bトレ事務局より>

カンファレンスで取り上げたテーマのとおり、さまざまなビジネスシーンで突破力が求められる時代です。

その力を体得するBBTの新講座「ブレークスルートレーニング(Bトレ)」がいよいよ11/1に開講します。第1期のプログラムは、新商品や新サービスを立ち上げて現状を突破するための「新規事業をデザインする技術」。3カ月集中のオンラインプログラムです。

詳細はこちらよりご覧ください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on Tumblr